家族葬で身内だけの葬儀【葬儀社お任せセンター】

合掌

現在の様々なお葬式の形

お葬式の形が増えている

葬儀

葬儀と言えば、その故人の家の宗教に深く結びついているもので、長い間格式があって決まりきったものでした。現在は葬儀の形は様々に変化を遂げています。まずは、宗教や宗派にとらわれずに個人の希望を取り入れたセレモニーがあります。宗教色を除いた式典を取り入れているセレモニーホールが東京には多く存在し、すでに定番となっています。日本人の多くの人は特に自分の宗教を持たないのに、死ぬ時だけは仏教のしきたりに従うという考えに疑問を持った人は多く、なるべく宗教的でない式を本人が望むことも多くあります。著名な人が亡くなった時にはよく行われている、お別れの会のような、家庭的で親しみやすい葬儀を行うことも、東京では浸透しています。

式典の希望の注意点

東京には様々な家庭があり、広いニーズに対応する式典の形があります。東京の葬儀場には様々なプランが用意されていて、特に金銭的に余裕の無い人向けの、簡素なプランが最近は要望が増えています。特に突然の事故や急病によって心の準備無く亡くなってしまった家族を送るときに大きな助けになります。昨今は、自分の死の形を積極的に考えて準備する終活という考えも広まって来ています。遺言書やエンディングノートに、自分が亡くなった後の希望を書いて家族に残すという方法も支持を得ています。さらには葬儀の希望の形式を指定したり、既に自分で式典の予約をしておくという人もいます。エンディングノートの注意点は、遺言とは見なされない場合があることです。遺言書には財産の分配方法などに法的な拘束力がありますが、エンディングノートの場合ただの連絡と見なされる場合もあるそうです。