家族葬で身内だけの葬儀【葬儀社お任せセンター】

合掌

家族にしてやれることとは

身辺整理

遺品整理

ここ数年、終活が大流行しています。全国各地で終活セミナーが開催されていますが、どこも満員御礼状態になっています。高齢者がそれだけたくさんいるという証拠とも言えますが、自分で自分の人生の終わらせ方をプロデュースしたいと考える人が増えてきたという事情もあります。いずれにしろ、死が目前に迫ってから慌てても遅すぎますので、早めに死後の準備をしておくのは望ましいことです。終活というと、エンディングノートや遺言書を書くことを思い浮かべる人が多いですが、それよりももっと残された家族のためになることがあります。それは、生きているうちに、自分の身辺整理をしておくことです。自分が死んだ後の遺品整理を全て家族にやらせるということになると、家族に多大な迷惑をかけてしまうことになります。でも、自分の体が動くうちに老前整理をしておけば、家族の負担を最小限に抑えてやることができます。既に高齢になっており、自分で老前整理をすることができないという人は、老前整理の専門サービスを利用するとよいです。

業者探し

どこに頼めば老前整理サービスを受けられるのか全くわからないという人が多いですが、遺品整理業者がオプションメニューの1つとして老前整理サービスを提供している場合が多いです。ですから、老前整理サービスの利用を希望している人は、遺品整理業者に連絡を取ってみるとよいです。ただし、業者ごとに料金設定がマチマチになっていますので、1社だけではなく、複数の業者から見積もりを取るようにするのが望ましいです。ほとんどの業者が無料で見積もりを出してくれるようになっていますので、見積もりを取るだけで費用が発生する心配はまずありません。逆に、見積もりを取るだけで何らかの料金が発生する仕組みになっている業者の利用は避けるようにした方がよいです。また、実際に見積もりを出してもらった後は、単に安いか高いかだけを比べるのではなく、なぜその料金になるのかという根拠の説明を求めてみるようにするとよいです。その説明をキチンと行うことができる業者であれば、信頼することができます。