家族葬で身内だけの葬儀【葬儀社お任せセンター】

葬式

故人の見送り方

遺品整理をする際には、プロに仕事を依頼しましょう。綺麗に片付けてくれるので便利ですよ。まずは見積りを出してもらいましょう。

充実した会場設備が整っているから快適に利用できますよ。高津区で葬儀を行なうならこちらがおすすめ!実績がある業者だから安心。

葬儀の形式

線香

葬儀は、故人の死という事実を生前故人と親交があった方々に告知する機能と、故人を失ってしまった遺族がその死を現実のこととして受け入れられるようにするという機能の2つをあわせ持つ儀式です。ただし、昔から一般的に行われてきた形式で葬儀を営むと、遺族の心理面のケアが不十分なままで葬儀が終了してしまいがちです。葬儀を主催する遺族はやらなくてはならないことがたくさんありますので、ゆっくりと故人の死に向き合っている暇がありません。結果的に、何が何だかわからないうちに、気がついた時には遺骨になってしまっていたというケースがよくあります。最後のお別れをしっかり行うことができないと、心残りになってしまいます。また、いつまでも故人の死から立ち直れなくなってしまうおそれもあります。しかし、近年になって登場してきた家族葬形式で葬儀を営むようにすれば、故人と過ごす最後の時間を濃密なものにすることができます。

葬儀の特徴

家族葬スタイルの葬儀に、正式な定義のようなものはありません。そのため、密葬と家族葬を混同してしまっている人が多いですが、両者は全く別物だと考えるのが無難です。密葬の場合は、故人の死を誰にも知らせずに家族だけで火葬まで済ませてしまいます。故人の死を世間に公表すると、大勢の人が弔問に訪れて混乱してしまう可能性があるような場合に密葬が営まれるのが一般的です。一方、家族葬の場合は、家族以外の人にも故人の死を伝えるという点が密葬と異なっています。ただし、誰彼構わずに訃報の連絡を入れるのではなく、生前の故人とごく親しい関係にあった人だけに留めます。また、儀礼的な弔問は遠慮させていただきたいという旨を事前にしっかりと伝えるという特徴があります。そのため、家族葬形式を採用すれば、こじんまりとした規模で、心の通った葬儀を営むことができるようになります。

故人が大切にしていたものを任せられる業者を探しているのであれば、東京で遺品整理を行なっているこちらがおすすめです。

葬儀を大阪で行なうなら、葬儀の費用をここで徹底比較しましょう。予算内で葬儀プランを組み立てる業者が見つかりますよ。

遺品を整理する

遺品整理

遺品整理は、金額もかかりますし、大変な作業です。しかし、残された遺族がやらなければならない事でもあります。大切な方の遺品だからこそ整理して大切にする事も必要です。遺品整理の金額は、業者と相談されて依頼しましょう。

詳細を確認する

家族にしてやれることとは

遺品整理

生きているうちに、自分で老前整理をしておくと、自分が死んだ後で残された家族にかかる負担を軽くしてやることができます。自分で行うのが一番望ましいですが、高齢で体がいうことをきかなくなってしまっている人は、老前整理の専門サービスを利用するとよいです。

詳細を確認する

現在の様々なお葬式の形

葬儀

宗教と強く結びついて形式張ったものが多かった葬儀の形も、昨今の東京では少しずつ変化を遂げています。宗教色を除いた式典の形や、家庭的な雰囲気で明るく故人を送り出すセレモニー、故人が生前に式典の形式を決めて予約するというやり方も増えています。

詳細を確認する